スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「保険かけられた」と警察に訴え…淀川女性遺棄(読売新聞)

 大阪府高槻市の淀川堤防斜面の草むらで遺体で見つかった同府豊能町の宇野津由子さん(36)が、殺害される前に豊能署にかけた身の危険を訴える電話相談が放置されていた問題で、宇野さんは応対した署員に、自身にかけられた保険金など身辺の不審な動きを詳細に説明した上で、「狙われている」と訴えていたことが、捜査関係者への取材でわかった。

 同署は「一般的な問い合わせ。内容は捜査の関係上、言えない」としている。

 捜査関係者によると、宇野さんは、遺体で発見される13日前の4月16日夜、自分の携帯電話から豊能署にかけた匿名電話で、「保険金をかけられた。狙われている」と訴え、保険金絡みで周辺に不審な出来事がある、とも打ち明けた。

 また、宇野さんは2月に養子縁組し、豊能町で養父母家族と同居していたが、当時は養父母宅を離れ、実父宅がある大阪市西成区周辺にいたとみられ、「家に置いてきた荷物を勝手に捨てられるかもしれない。その場合、法的にはどう対処できるのか」などと質問し、自ら電話を切ったという。この際、応対した署員は「近くの西成署に相談したらどうか」と持ちかけたが、その後、宇野さんが西成署に相談した形跡はなかった。

 宇野さんは4月28日頃に細いひものようなもので絞殺されたとみられ、翌29日、高槻市内でポリ袋に四重に包まれた状態で見つかった。

 府警の捜査で、宇野さんが養子縁組した翌3月、死亡時の受取額が計約2100万円の3種類の共済保険に加入していたことが判明。宇野さんが何らかのトラブルに巻き込まれて殺害されたとみて、府警は関係者から事情を聞くなどしていた。同居していた養父(39)は5月18日、京都府舞鶴市内に止めた車内で自殺しているのが見つかった。

参院選60議席目指す=岡田外相(時事通信)
日テレ社員装い、5万円詐取容疑(産経新聞)
振興銀捜索へ、メール削除など検査妨害の疑い(読売新聞)
菅首相が山口・宇部訪問=故郷にお披露目(時事通信)
生物学的製剤の登場で診療満足度や精神健康度が向上(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

「選挙区浸透」道半ば 有名&無名候補のタッグ(産経新聞)

【断面 2010参院選】

 ■比例は“地元”を押さえる動き

 16日午後、山梨県のJR甲府駅前で、夏の参院選に自民党公認で出馬する2人が初めてそろって街頭演説をした。ひとりは、山梨選挙区の元教師、宮川典子氏(31)、もうひとりは比例代表の堀内恒夫氏(62)だ。

 「わが郷土、山梨を愛する宮川典子さん、心はまっすぐだ。宮川さんと、山梨を教育とスポーツの面でよくしていこうではないか」

 街宣車に立った堀内氏は有権者を前に、宮川氏の名を連呼した。

 元プロ野球選手の堀内氏が抜群の知名度を誇るのに対して、宮川氏はほとんど無名である。自民党は、有名人候補と組んだ選挙運動の場をつくることで、無名候補の知名度の底上げを図り、票の掘り起こしにつなげる戦略をとっているのだ。

 宮川氏にとって堀内氏は、知名度だけでなく出身高校、甲府商業などで幅広い人脈を持つ強力な「助っ人」だ。堀内陣営の関係者は「選挙活動の4分の1は地元になるのではないか」とみている。堀内氏の動きは宮川氏の運命を左右すると言ってもいいほどである。

 宮川氏の対抗馬は、元山梨県教職員組合(山教組)委員長で日教組に強い影響力を持つ民主党の輿石東参院議員会長(74)。自民党政権時代の“参院のドン”だった青木幹雄自民党前参院議員会長(75)が出馬を断念したことで、現在の“参院のドン”となった輿石氏が出馬する山梨選挙区はさらに注目され、自民党も「打倒民主党」の象徴的選挙区と位置づけ、猛攻勢をかけている。

 9日に県内で開かれた日教組を批判する集会は、パネリストとして出席した宮川氏に奮起を促す声であふれ、さながら「宮川決起大会」の様相となった。

 すると突然、場内の1人が「まだ宮川さんを知らない人が多いぞ!」と叫び、会場は静まりかえった。高揚感に包まれていた集会の雰囲気は一気に現実に引き戻された。会場のだれもが、宮川氏が依然、選挙区に浸透しきれていないことを知っている。有名候補との組み合わせ作戦は道半ばなのだ。

 プロ野球巨人で通算203勝を挙げた堀内氏は、全国的な集票が期待できる「超目玉候補」として自民党から迎えられた。14日に都内で行われた事務所開きでは、擁立にかかわった二階俊博前選対局長が「(巨人の親会社である)読売新聞の渡辺恒雄・グループ本社会長から『堀内さんに万一のことがあるようなことがあってはならない』と言われた」と必勝を訴えた。

 その堀内氏も、地元の票固めが不可欠になった。たちあがれ日本から中畑清元巨人内野手(56)が出馬したことで、票の目減りは避けられなくなったためだ。

 自民党執行部は参院選比例代表候補に、著名人や、独自の後援会組織を持つ前衆院議員を積極的に擁立した。業界団体が相次いで離反し、一時は500万人以上いた党員が平成21年末時点で100万人割れにまで落ち込んだ結果、「党」の組織力ではなく「候補者」自身の力に頼る必要に迫られている。

 ただ、著名人候補は乱立模様だ。比例代表候補はこれまで全国に薄く広く支持層を伸ばす形が多かったが、堀内氏の山梨県のように「地元」を押さえる動きが活発化している。ところによっては陣取り合戦の様相を呈している。

 岐阜1区から東京5区へ国替えして昨年の衆院選に出馬、落選した佐藤ゆかり氏(48)は岐阜市内に事務所を復活させ、岐阜県での支持拡大をねらっている。しかし、支部長争いを演じた野田聖子元郵政相は女優、三原じゅん子氏(45)を「友人」と持ち上げている。党選対関係者は「野田氏の支持者は間違いなく三原氏に入れるだろう」と分析している。岐阜の地盤をめぐって、女性の有名候補2人がしのぎを削ることになる。(水内茂幸)

【関連記事】
堀内氏、27日岡山で初めて宣伝車に
エモやん、舌好調!参院選出馬会見
中畑氏、夏の参院選直前に猛アピールのハズが…
亀井とタッグ、江本孟紀氏が出馬会見「最近の政治状況にイライラ」
江本氏、国民新党から立候補
iPadが上陸

日中韓首脳会談 中国、対北配慮崩さず 韓国強調「同じ船乗った」(産経新聞)
夫から妻へ、角膜移植が終了=改正移植法の一部施行後初(時事通信)
批判されても、批判されても……貧困ビジネスに立ち向かう理由(Business Media 誠)
口蹄疫対策特措法案、28日成立へ(読売新聞)
<民放連>NHKと共同で地デジPR番組制作 一斉放送へ(毎日新聞)
プロフィール

ていみのるさん

Author:ていみのるさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。